友達が貸してくれた稚くて愛を知らずが、なんだかずずんときました。

弱々しい灯りの中、
妻が見るのは自分の世界ばかり。
夫は影の一部となり、視界には入らず。
灯りが消える前に振り向く事が出来ていたら…
という感想の絵なのですが
なんだかホラーに…。

お嬢様育ちのお花畑嫁が段々と落ちぶれていく様と、
ラストの空虚な絶望がみぞおちに来る感。
バッドエンドにざまあwとなりきれないのは、
自分を含めて誰にでも、通じる部分があるからなのだろうなあ。

ただ気になるのは、結婚こそが幸せと決められていたこと。
(勿論時代背景もあるけど)
「幸せ」を定義することは、同時にそれ以外の全てを「不幸」とするということ。
仕方なく型通りの幸せをなぞった結果、その歪みから新たな不幸が生まれ、伝染病のように広がってしまうことも多いはず。
うーん、なんともしんどい話。