武富智さん短編集「A SCENE」「B SCENE」「C SCENE」
Aだけは昔持っていて、なにかの時に手放してしまっていたのですが、
twitterのお友達と盛り上がってしまって買い直し+足し。

全巻短編集なのですが、殆どの作品に共通するのは
大人と子供、社会的立場といった超えられない(少なくとも本人達はそう信じている)一線の残酷さと、それぞれの立場の苦悩。
そこから、今のままの自分や相手を許す事で一歩を踏み出せる、というもの。
悩む主人公が必ず何かしら一歩進んでくれるので、ちょっと安心して読めます…。

性的なシーンやケンカに嘔吐といった汚い?シーンも多いのですが、
人間の汚い部分を真っ直ぐ描くと逆に気持ち良くなる不思議。
私も積極的に汚い部分を出していきたい…というとちょっとアレですが、
人間くささっていいなーと、改めて。

絵はC SCENEのSUPER HEROINEのヒロインさん。
見開きページで不覚にもぶわっときてしまった…こういう話は、あかん…あかん…。