壁はいつか階段だったし、
昇らない階段はいつか壁に変わる。
かつて昇れるものだったことすら忘れてしまうのは、
なんだか悲しいことだな。