流れる小川に聖典を読み、小石の音に説法を聞き、一切物に善を見る。

という一節をいただきました。
ほんとに、ほんとになあ。理想すぎる。
自然にそれが出来るようになるためには、何をしたらいいもんじゃろうか…。

ちなみにその時は、「初めて衝撃を受けた言葉は何か」という話をしていたのでした。
私の場合は「春の月さはらば雫垂りぬべし」です。今でも、これ以上きれいな句を知りません。一茶ー!