UCK氏のお店へ。緊張した…。
作品の中に入ったような気分になる、不思議な空間でした。

良いなと思って褒めたときに「はい」と返されるのが、とても良かったです。
作品の横で背筋を伸ばしている人はすばらしい。